• 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 入れ歯

医院について

歯が欠損してもそのままにしている人は、少なくありません。食べるときはその他の歯を使えばいいかもしれませんが、歯が抜けたままにしておくと歯並びが変わったり、顎の骨が減り、後にメンテナンスが大変になることもあります。きちんと自分のお口にあった入れ歯をすれば毎日の食事も楽しくなります。

合わない入れ歯は「生活の質」を下げます

入れ歯とは、歯の欠損した歯肉の上に人工の歯をのせて審美性や咀嚼機能を回復するものです。取り外し可能なため、一見お手軽ですが、合わない入れ歯を着けてしまうと痛かったり、ものが入れ歯と歯肉の間に挟まったり、顎が必要以上に疲れたりすることがあります。

ご自身のお口にピタリとあった入れ歯をすれば、天然の歯が揃っていたときと同じ状態を感じることが出来ます。

より良い噛み合せを追及するために

当院では、左右対称の咬み合わせに整えた入れ歯を作製するために、「ゴシックアーチ」という計測方法を採用しています。ゴシックアーチとは、顎の前後左右の動きを計測する方法で、これにより正しい咬み合わせの位置を確認することができます。本来の咬み合せを取ることで、咬み癖や顎のずれを補正することができます。

バネを用いない薄くて軽い、ノンクラスプデンチャー

インプラントや補綴物に、より質の高いものが開発されてきているように、入れ歯もより快適なものが登場しています。

ノンクラスプデンチャ―は金属製のクラスプ(歯を支える金具)がないタイプの入れ歯で、薄くて軽く、目立たないため審美性に優れています。弾力性があるので、落としても割れにくく、装着時に違和感がありません。

ご相談・お問い合わせはお気軽に