• 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 入れ歯

小児歯科

子供の頃、よく歯医者に通った記憶がある方はいらっしゃいませんか?それは乳歯のケアが疎かだったことも考えられるほか、乳歯自体が歯質が弱く虫歯になりやすかったからでもあります。小児歯科は、主に乳歯を虫歯から守る処置などを行い、健やかな永久歯への生え変わりをサポートします。

虫歯になりやすい乳歯

生えたての歯はエナメル質が柔らかく、虫歯になりやすい状態をしています。完全に硬くなるには生えてから2、3年かかると言われています。

そこで、乳歯を虫歯から守るために、小児歯科ではフッ素塗布やシーラントを施しています。

フッ素を塗って歯質を強化

柔らかく磨きにくい生えたての乳歯の歯質を早くに硬くし、虫歯になりにくくするためにフッ素を塗布します。

歯磨き粉にも使われていフッ化物は、塗布を重ねていくことで徐々に酸に強い歯にします。また、「再石灰化」の作用もあります。

シーラントで奥歯の溝をガード

シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らず、ケアが難しくなっています。そのために毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあります。特に生えたての奥歯の虫歯予防に有効です。

ご相談・お問い合わせはお気軽に