• 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 入れ歯

歯周病治療

病気の中には自覚症状を伴わず静かに罹患、進行するものがありますが、お口の病気の場合、歯周病がそのようなタイプだと言えます。歯周病は多くの日本人が既にかかっていると言われています。早期発見ができれば治療も少なく済むため、歯茎に異変を感じたら早めに当院を受診しましょう。

歯周病は自覚症状を伴わずに進行します

歯周病は進行してからでないと自覚症状がでない病気ですが、初期には歯肉の色の変化や腫れなどの異変があります。
そんなときは菌の進行は止まりませんので、一度当院へお越し下さい。

歯肉炎

歯肉溝にプラークが溜まることで炎症が起き、触れると出血することもあります。歯磨きによって、また健康な状態に戻すことが出来ます。

軽度歯周炎

歯肉炎が少し進行すると、汚れの中にいる菌が放出する毒素によって歯を支える骨が溶かされ始めます。歯周ポケットも形成され始めます。

中等度歯周炎

歯ぐきが腫れて膿が溜まり、悪臭を放ち始めます。歯槽骨が溶け始めることで歯がグラグラ揺れます。至急治療を開始する必要があります。

重度歯周炎

歯槽骨が半分以上溶け、歯肉から血や膿が出ます。口臭がひどく、食べ物が噛みづらい状態です。抜歯の必要性もあります。

歯周病の治療は歯石除去を中心に

歯周病を食い止める治療法として歯周外科治療、失った骨と歯ぐきの高さの回復を試みるエムドゲインやGTR法などの再生治療があります。歯石を除去し、清潔に保つことで再発を防止します。

歯周外科治療

歯肉を切って歯槽骨からはがし根の先の方にこびりついて取れなかった歯石を除去します。悪いところを目視で徹底的に取り除く治療方法です。

ご相談・お問い合わせはお気軽に